ホーム > ラクサ@新東記(しんとんき)

京都出身のメンズと神楽坂でランチ会を。
メンバーは予備校の時の友達なので神楽坂でランチしていることがなんか面白い。

ところで、シンガポール料理のお店は、キッカケがなければ、なかなか行く機会がないのではないでしょうか?

私は、妹がシンガポールに住んでいるので、これからご紹介するラクサもカトン(ラクサが有名な地区)まで行って食べた記憶があります。

ちなみに、今回のランチメンバーの一人に、別のシンガポールのお店を紹介したことがあり、それがキッカケでシンガポール料理が好きになったみたいです。

ラクサ+ミニ海南鶏飯(海南風チキンライス)

ふと、えびの香りが懐かしくラクサが食べたくなり、ラクサを注文。
ラクサは、太めの米粉のヌードルで、えびのダシに、ココナッツミルクとチリペーストを加えたスープでいただくニョニャ料理です。

ニョニャ料理は、一言で言うとマレー料理と中国料理がミックスして生まれた料理。

さて、今回オーダーしたのは、「ラクサ+ミニ海南鶏飯」。
海南鶏飯(ハイナンチーファン)は、シンガポールではメジャーな食べ物で、ホーカーズ(フードコート)では350円ぐらいで食べられる他、ホテルだと数千円するところだってあります。

海南鶏飯は、海南風チキンライスと呼ばれていますが、日本で言うケチャプ味のチキンライスとは別物です!

海南風チキンライスは、チキンを茹でた後、そのダシでご飯を炊いたもので、チキンはチリやジンジャーなどのソースにつけていただきます。

新東記では、1回のランチで、2つの味を楽しめる「ラクサとミニ海南鶏飯」の他、「海南鶏飯とミニ肉骨茶(バクテー)」、「海南鶏飯とミニラクサ」などもあります。

肉骨茶とは...と話たいところですが、今回は食べてないのでまた別の機会に...

海南鶏飯(海南風チキンライス)+ミニラクサ

さき程、ご紹介させていただいた「ラクサ+ミニ海南鶏飯」の逆バージョンです。
いっぱい食べたい方を選んでくださいね。

ただ、こちらの海南鶏飯には、3種のソースが付いているので、是非味の違いを楽しんで欲しいと思います。

ちなみに、今回のメンバーでの一番人気は、定番のチリソース。

あと、本当は、もう一人のメンバーが、シーフードカレーを頼んでいたのですが、「カレーって...」と思って写真撮らなかったんですが、これ平日(金曜限定)一番の人気メニューだったみたいです^^;

MEMO:月~金の平日は、日替わりメニューでいろんなローカル料理が味わえます。

「新東記」ログ

食べたランチ

ラクサ+ミニ海南鶏飯 1,200円
海南鶏飯+ミニラクサ 1,200円

ランチタイム

月~金:11:30分~14:30分(LO 14:00)
土日祝:11:30分~15:00分(LO 14:30)

定休日

火曜日

場所

新宿区神楽坂3-6-40 かぐらビル1階
GoogleMapはこちら

URL

http://kagurazaka-sintongkee.jp/

PR
PR
NAOYA SWEETS CAFE

facebookもチェック